無料ブログはココログ

« よくできました | トップページ | 映画情報『スラムドッグ ミリオネア »

2009年3月25日 (水)

予想に違わぬ

WBCは私自身も頭の中でこうなったらオモシロイだろうなというシナリオを書いていた。まず日本が先取点、でシーソゲームになって、土壇場で韓国が追いついて延長。運良くイチローに打順。ここで引き離す。その裏ダルビッシュが三振に討ち取って幕。こう書くとウソだろ、アトヅケじゃないかと思われるのはアタリマエなんだが、イメージとして、日本選手たちの歓喜の顔がグランドに溢れる、しか浮かばなかったので、イチバン面白そうな本を書いたワケなのだが、イチローは9回でもう最後の出番だと思っていたところ、10回表ツーアウトから打順が巡ってきたのに、こっちもびっくりした。内山はおそらく打つだろうと確信めいて思っていた。1-0で負けた韓国戦の事前インタビューで、他の選手は韓国チームの分析やら投手の攻略法などを語っていたのだが、内山だけが御託なしの単純な頑張ります程度で、その辺りから注目していたが、そのアトの試合で、この選手はえらく野球勘のいい選手だなあという感想を持ったからだ。で、そうなった。イチローは、ともかくファールを連発しているから、何か好球を待っているなと読んだりしたけど、談話では、けっこうバラバラでいろんなことを考えていたらしい(視聴率のことまでその中に入っていたのには笑ったワ)。いやあそれにしても心臓がバクバクして、4時からの呉智英さんとの対談に影響しないか心配だった。で、散髪と洗髪でココロ落ち着けて、大須の居酒屋へ。開店時間の1時間前に開けてもらってのお座敷対談。呉さんは、予想していたよりうんとパトスとロゴスのバランスのいいひとで、対談慣れというのもあり、企画側と知り合いだったらしく、なにより養命酒をちびちびとしか呑めなかったのに(デビューすぐの本にはそう書いてある)、酒もけっこうイケルようになってらっしゃって、元気であるというのが幸いしてずいぶん楽しい対談になった。酒は対談が終わってからの注文だが、私も珍しく生グラスを3杯呑んだ。記憶に残ったのは、呉さんは鯛のあら煮を注文されたのだが、魚を食うのが上手いということである。そういうひとにはなんとはなくだが、好感をもってしまう。で、本日、『ぶらい、舞子』をアマゾンから贈っておいた。

« よくできました | トップページ | 映画情報『スラムドッグ ミリオネア »

北村想のポピュリズム」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/50047350

この記事へのトラックバック一覧です: 予想に違わぬ:

« よくできました | トップページ | 映画情報『スラムドッグ ミリオネア »