無料ブログはココログ

« ため息 | トップページ | 無知蒙昧 »

2009年2月13日 (金)

映画情報『ヤッターマン』

三池崇史監督作品。いわずと知れた『ヤッターマン』。これ三池監督はマンガ(アニメ)を実写でやったのではなくて、実写でマンガを創っちゃった。実に楽しかったでやす。負けたなあとショック。『K-20』はどうして伸び悩んだのかなあ、と家でもらしたら、奥さまが「あの映画は面白かったけど〔毒〕がなかったのよ」と正鵠を射たお答え。参りました。『ヤッターマン』は毒気でいっぱい。三池監督が「おめえらこういうのが観たかったんだろ」といわんばかりのドラマツルギーであります。面白かったのではなく「楽しかった」ですわ。単純明解、ストーリーも台詞も。マンガでしか通じないだろうと思ってたのに、ちゃんと実写(といっても、かつてのディズニー『メリーポピンズ』のようにCGとの合成なんですが)で活きてるの。いやあ、これがおでにはイチバンしょっくよ。帰りの電車、何台か見送ってしまいましたわ。昨日休肝日にしておいて良かった。もう、呑むしかないね。おでもまだまだ未熟。なのに定年退職開店休業、嗚呼、出るはため息。でも、楽しかったなあ、この映画。

« ため息 | トップページ | 無知蒙昧 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558792/50047891

この記事へのトラックバック一覧です: 映画情報『ヤッターマン』:

« ため息 | トップページ | 無知蒙昧 »